mainview

カメラセンシング技術とAIで視聴者の属性を解析

デジタルサイネージ
視聴分析ソリューション

視聴分析エンジンに株式会社ニューフォリアの
「Vision Eye®」を採⽤

カメラセンシングで視聴データを可視化する
サイネージソリューション

通⾏者・視聴者数を
計測・集計

ディスプレイに取り付けたカメラが取得した情報から、サイネージ周囲の通⾏者数および視聴者数を計測・集計。

取得データを
分類・解析

カメラが取得した視聴者の顔画像データからAIが属性(性別・年齢)を解析。

分析レポートを
Webで提供

集計・解析結果を設置場所別や時間帯別、コンテンツ別にグラフで可視化。視聴者の多いサイネージやコンテンツのランキングも提供。

サイネージの運用を
より効率的、効果的なものへ

サイネージ管理者のこのようなお悩みに

分析システム概要

デジタルサイネージに設置されたカメラにより認識された顔データやセットトップボックスの放映ログを取得し、Vision Eyeサーバーで統計処理をします。分析結果から作成されたレポートはe-Signage Sクラウドサービスを通じて提供されます。

視聴者の属性解析により
ターゲットに刺さるコンテンツ配信へ

可視化イメージ

画像認識AIにより、マスク着用でも視聴者の属性分析が可能

分析データ表示イメージ

分析レポート表示イメージ(ダッシュボード)

  1. ①カメラ位置
  2. ②日別通行人数と視聴者数
  3. ③視聴者の属性(性別/年齢)
  4. ④時間帯別視聴者数
  5. ⑤TOP10コンテンツ視聴数
  6. ⑥TOP10カメラ視聴数
  • 各データはcsvでダウンロード可能
  • 前⽇のデータを集計して表⽰
e-Signage S クラウドサービス

e-Signage S クラウドサービス

本サービスはコンテンツ配信表⽰システム「e-Signage S クラウドサービス」のオプション機能です。ご利⽤にあたっては、e-Signage S クラウドサービスの申し込みが必要となります。
e-Signage S クラウドサービスとは、ネットワークを介して、デジタルサイネージのコンテンツやレイアウト情報などの配信・表⽰を簡単にコントロールできるシャープマーケティングジャパン独⾃のシステムです。番組や表⽰スケジュールの作成、表⽰状態の監視などの運⽤・管理が⾏えます。

e-Signage S クラウドサービスへ

お問い合わせ

お見積り、資料請求など、
各種お問い合わせをメールにて承ります。

お問い合わせ・資料請求
Page Top