ウイルス感染拡大の防止対策を支援するソリューション一覧

シーン7 「自治体(市区町村)の窓口業務」

自治体(市区町村)の窓口は、多くの皆さまが証明書の発行や住所異動届けなど、各種手続きで来庁されます。
自治体(市区町村)では、「混雑を緩和する」「接触機会を減らす」「待合室の環境を快適に保つ」など、ウイルスの感染拡大防止に向けた、さまざまな対策に取り組まれています。

窓口業務での混雑を緩和する

自治体(市区町村)の窓口業務は、繁忙期などは混雑しやすく、ウイルス感染のリスクが高まります。
待合室が混雑しないように、待合室以外の場所で待機いただいたり、窓口業務を「非接触・非対面」に対応していくことで、感染リスクを軽減することが可能です。

「窓口業務での混雑緩和」を支援するソリューション

このページのトップへ

待合室でのウイルス感染拡大を予防

自治体(市区町村)では、役所の入り口での検温やマスク着用のお願い、共有設備の抗菌、抗ウイルス対策など、窓口業務でのウイルス感染拡大のリスクを軽減するための対策が、ウイルス感染拡大の予防につながります。

「待合室のウイルス感染拡大防止対策」を支援するソリューション

  • すべてのニオイ・菌・ウイルスに効果があるわけではありません。ニオイ・菌・ウイルスの種類や対応物の素材、明るさなどの使用環境により効果は異なります。JIS基準に基づく試験環境での効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。

このページのトップへ

お問い合わせ・資料請求

お見積り、資料請求など、
各種お問い合わせをメールにて承ります。

このページの先頭に戻る