ウイルス感染拡大の防止対策を支援するソリューション一覧

シーン2 「テレワーク」

最近では、ウイルス感染の拡大を防ぐために、在宅勤務を中心に、テレワークを導入する企業や検討中の企業が増えています。
導入した企業では、コミュニケーション低下、生産性の低下、情報漏洩のリスクなどの新たな課題が生じたり、テレワークではできない業務もあり、なかなか導入が進められない企業もあります。

テレワーク(在宅勤務)の課題解決① 「コミュニケーション活性化」

テレワークは、オフィスのように、「報告する・連絡する・相談する」といった細かなコミュニケーションが取りにくいといった課題があります。
テレワークでも、社員同士のコミュニケーションを円滑に行うためには、情報通信機器やITツールの有効活用が不可欠です。
WEB会議サービスやチャットツール、クラウドストレージを活用することで、コミュニケーションを活性化し、業務をスムーズに行えます。

「テレワーク(在宅勤務)のコミュニケーション活性化」を支援するソリューション

このページのトップへ

テレワーク(在宅勤務)の課題解決② 「ペーパーレス化の推進」

テレワーク(在宅勤務)の課題解決③ 「生産性低下の防止」

テレワーク中に、急に書類が必要になりオフィスに出社したり、労働時間の管理が行き届かないなど、テレワーク環境下では、オフィスでは当たり前のことができないため、生産性が低下します。
コンビニエンスストアのマルチコピー機やスマートフォンで勤怠管理できるツールなどを活用することで、オフィスと同様な仕事の進め方で、生産性の低下を防ぐことが可能です。

「テレワーク(在宅勤務)での生産性向上」を支援するソリューション

このページのトップへ

テレワーク(在宅勤務)の課題解決④ 「セキュリティ対策強化」

テレワークは、自宅や出張先など様々な場所で業務ができるため、情報漏えいなどのリスクが伴います。
テレワークを安全に導入するには、ネットワークのセキュリティ対策や運用面での管理強化が求められます。

「テレワーク(在宅勤務)でのセキュリティ対策」を支援するソリューション

このページのトップへ

お問い合わせ・資料請求

お見積り、資料請求など、
各種お問い合わせをメールにて承ります。

このページの先頭に戻る