ウイルス感染拡大の防止対策を支援するソリューション一覧

シーン1 「オフィス」

従業員など多くの人が、同じ空間を共有するオフィスにおいて、ウイルス感染拡大を防止する取り組みを行うことは、社会全体の感染拡大防止の対策にもつながります。
オフィスでのウイルス感染リスクとして、咳やくしゃみなどの「飛沫感染」やウイルスが付着したドアノブなどの共有設備を触ることによる「接触感染」などがあります。
ウイルス感染の脅威は依然続いています。オフィス環境を見直し、オフィスでできる感染対策を強化しませんか?

快適なオフィス環境の実現

さまざまな人が集まるオフィスでは、従業員一人ひとりがウイルス感染の予防に取り組むことが大切です。
しかしながら、マスクや手指の消毒など基本的な対策だけでは、限界があります。
快適にオフィスで働けるようにするためには、会社としてウイルス感染拡大防止の対策の取り組みが重要です。

「オフィスのウイルス感染拡大防止の対策」を支援するソリューション

  • すべてのニオイ・菌・ウイルスに効果があるわけではありません。ニオイ・菌・ウイルスの種類や対応物の素材、明るさなどの使用環境により効果は異なります。JIS基準に基づく試験環境での効果であり、実使用空間での実証結果ではありません。

このページのトップへ

会議の3密(密閉・密集・密接)を回避

オフィスのセキュリティ対策

テレワーク(在宅勤務)を導入すると、社外からオフィスのシステムにアクセスしたり、オフィスから社外に機密情報を持ち出すことが情報漏洩のリスクにつながります。
オフィスのネットワークセキュリティ対策や運用面での管理強化を見直しませんか?

「オフィスのセキュリティ対策」を支援するソリューション

このページのトップへ

お問い合わせ・資料請求

お見積り、資料請求など、
各種お問い合わせをメールにて承ります。

このページの先頭に戻る